梅雨の楽しみ?

2019年7月9日


 

洋服のカタログを作りました。ぜひご覧下さい。

↑のロゴをクリックすると、カタログにジャンプします。

 

ナイヤガラ食べ時まで鳩との攻防戦

オークションを見ていたら、見覚えのある皿を見つけました。
20年ほど前に買って、3枚あるうちの2枚割ってしまったパスタ皿です。
お気に入りだったので補充しようとデパートに行ったのは10年ほど使ってからでしょうか?
メーカーではもう同じものを作っていなくて、かといって捨てるには忍びず残りの1枚は戸棚の奥にしまってあるのです。

出品されていた品は箱は古びていますが未使用品で、おそらく15年モノ?

国産の普通の皿なので1人の入札だけで競うことなく、定価の3分の1以下で落札できました。
届いた皿は新入りだけども懐かしく、漂白してピカピカにすれば新品同様になるのが陶磁器の良いところ。


あらためてよく帰ってきたね~という気持ちです。
今度はなるべく壊さず使いたいですが・・・。

ポーチュラカが成長、そして増殖中です。
今年の梅雨は雨が多いので、切っては挿し切っては挿しのやりがいがあります。ほとんどみな根が付いて植える場所がありません!

他にもプランターにギッシリ植えました

我が家のアジサイもそろそろ色褪せ、切り戻す時期。
白花のアナベルだけは挿し木をして増やして、いつかホワイトガーデンにしたいなあ。そのためにはせっせと挿し木。

友人は鎌倉のアジサイ寺に行ったら土砂降りの雨にもかかわらず、人波でお寺に近寄れなかったそうです。
今週もずっと曇りと雨マークの1週間で、明け方に寒くて目が覚めたりします。
体調管理には気をつけましょうね。

クリックしてね。にほんブログ村 主婦日記ブログへ 人気ブログランキングへ


クローン作りで花いっぱい?

2019年6月19日

洋服のカタログを作りました。ぜひご覧下さい。

↑のロゴをクリックすると、カタログにジャンプします。

晴れの日の紫陽花は色がぼやける?

この夏はポーチュラカを植えようと苗を買ってきました。
カラフルで可愛らしいし、花殻を摘む必要がないのがありがたいのです。

植え方のコツをネットで調べていたら、「どんどん増えるポーチュラカ」というユーチューブがあったので見てみましたが、もうビックリの内容でした。
ポーチュラカは倍々ゲームのように増やせる花で、今まで知らずにいてなんと無知だったか…と。

1つのプランターに入れるつもりでポーチュラカを2ポット買ってあったのですが、まず2つの鉢に1苗づつ植えます。
長さが3㎝あれば挿し穂になるのでどんどん切って、空いている場所に挿していきます。


この時期だと挿して3日たてば根がつき、切った後は新芽がでるし、何もしなかった茎はもうツンツン伸びています。
それを3㎝切って挿して、を繰り返します。もうぎっしりになるまで。

今から始めて7月の中頃までこれをくりかえせば、プランター2つ、壁掛けポット2つ、大きな丸鉢2つくらいにはふやせるのですって。

今までは満開になった後に切り戻して挿していたので、オリジナルはしばらく寂しいままでしたが、最初からこうやって作っておくと同時にたくさんの鉢が満開になるわけですね。
1か月後が楽しみです。

 

ご近所から梅をいただいたので梅ジュースにしました。
私は西川勢津子さんのやりかたで、「速攻ジュース」です。


くしでポッチを取り除き、皮をむいてしまいます。


1つむくのに45秒くらい、1.5キロはテレビを聴きながらでも1時間かかりませんでした。


ほぼ同量のグラニュー糖を梅と交互にいれます。


1晩たてばとこのとおり。
砂糖を良く溶かして出来上がりです。
あっさり、すっきり美味しいジュースで我が家は毎年これです。

クリックしてね。にほんブログ村 主婦日記ブログへ 人気ブログランキングへ


ここにシェフの技あり?

2019年6月1日

洋服のカタログを作りました。ぜひご覧下さい。

↑のロゴをクリックすると、カタログにジャンプします。 

 

黄色い花が咲いた後すぐに赤い実がつく ヒペリカム。

こぼれ種ですぐに増えます

友人とよく通った藤沢のコージーコーナーカフェのテーブルには、必ずこの赤い実をいれたブーケが飾られていましたが今年閉店…

好きなお店がなくなるのは寂しい。

 

近所の地区センターの料理教室で習ったポーチドエッグ。
これがとても簡単にできて便利なので何度も作っています。
教室ではマフィンにハムと卵をを乗せてソースをかける「エッグベネディクト」を作りました。
普通ポーチドエッグは直接お湯に落としますが、こちらはちょっと面白いやりかた。

カップにオイルを塗ったラップを敷いて卵を割り入れ、テルテル坊主のように輪ゴムできつくしばります。


それを沸騰させたたっぷりのお湯の中にいれて4分、ぐつぐつしない程度の中火で茹でればできあがりです。
4分経ったら取り出し、お皿に上げておきます。
この方法だと鍋の大きさにもよりますが、炒め鍋だと5~6個はいっぺんにできます。

ポーチドエッグは作るのにちょっと緊張しますが、まったく失敗なく、しかもラップのまま作りおけるのです。
講師の方はアメリカのレストランで働いていた女性シェフ。
忙しいレストランならでの合理的な方法をいろいろ教えていただきました。
今夜は我が家もこの卵を使ったシラス丼にしました。
ご飯にミョウガ、ネギのみじん切りをまぶしシラスをたっぷりかけてポーチドエッグをのせます。
人数が多くてもパパっとお皿を用意しておけば卵をのせる最後の仕上げは同時にできて皆がそろっていただけますね

ハサミでゴムをパチンと切って開いてごはんにのせて
ごま油しょうゆと山椒の粉をかけていただきます。


マグロ丼、ビビンバ丼、もちろんエッグベネディクト、使い道はたくさん!ぜひ試してみてくださいね。

クリックしてね。にほんブログ村 主婦日記ブログへ 人気ブログランキングへ